Woocommerce Menu

施設で働く看護師のメリット

介護施設では、介護を必要とする利用者が入所してスタッフからのサポートを受ける。
そこで働くスタッフは、利用者が無理なく食事、排せつといった日常生活をできるように、リハビリやサポートをするのだ。

介護施設には様々な資格を有する人がいる。
中でも看護師は利用者の健康状態の把握や管理するためにも重要な役割りを担う。
利用者の健康管理のために、バイタルチェック、投薬、褥瘡の処置などを行ったり、施設によっては尿道カテーテルの留置や、胃ろうのある人への対応を行ったりする必要がある。
担う作業は施設の種類にもよるので、介護施設における看護師の役割りは様々だ。

いずれにしても、病気を治療するという病院とは異なり、日常生活を送ることが出来るよう必要な部分をサポートするというのがメインになるので、病院と比べると緊迫感は少ないだろう。
そのため、病院で働く看護師とは精神的な負担が違う。
病院勤務でストレスを感じている看護師にとっては、介護施設で働くということは大きなメリットになるのだ。

また、病院で働いている場合、業務やナースコールの対応に追われ、患者とゆっくり向き合うことが出来ないということも少なくないだろう。
しかし、介護施設ではゆっくりと利用者と関わることが出来るため、しっかり向き合いたいという看護師にとってはメリットになる。
といっても、なんの苦労もないというわけではない。
利用者としっかりコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことがとても重要になってくる。
高齢者とコミュニケーションを取りつつ働きたいという看護師にとっては願ってもない職場になるだろう。