Woocommerce Menu

人材不足解消の鍵はメリットの周知

超高齢社会が進んでいることに伴い、介護サービスを必要とする人は一層増えているのが現状である。
そのため、老人ホームなどの介護施設では看護師の需要が高まり、どこの施設も人材確保のために求人募集を行なっている。
看護師の仕事といえば、病院やクリニックなどの医療機関で医療ケアを行なうということがまっさきに思い浮かぶ人が多いだろう。
しかし、介護施設などでのバイタルチェックや投薬管理は看護師の仕事なのである。

介護施設で看護師が不足している理由としては、看護スキルの向上ができない、賃金が安いなどが挙げられている。
とはいえ、介護施設ならではの看護スキルを習得することができる上に、医療機関よりもゆとりを持って働けるといったメリットもある。
また、賃金に関しては処遇改善に向けた取り組みが行われているため、将来的には今より増えることが予想されている。

介護施設の看護師の仕事は夜勤がないことが多く、比較的短時間の勤務になっている傾向にある。
そのため、ワークバランスがとり易いのも大きな魅力といえるだろう。
家庭と仕事の両立を考えている人にとっては働きやすい職場といえる。
育児や介護のためにしばらくブランクがあり、医療機関で働くことに不安がある看護師にとっても戻りやすい現場だ。

介護施設は病院やクリニックなどの医療施設とは異なり、医療従事者が少ないため、急変が起きた場合には看護師が医師の診察までの間にどのような処置が必要なのかを判断する必要がある。そのため、責任感を養うこともできるだろう。
こういったメリットが広く周知されることが、看護師の人材不足を解決する大きな一歩になるはずだ。